あごひげりゅーごの一魚一会

北海道の大自然で釣り三昧しているあこひげアングラーです。Twitterやってます。→@higeryugo

2021年9月3日浜益アキアジ(鮭)

うだるような暑さも忘れてしまい半袖では肌寒く感じる事も増え月が照らす時間も増えてきた。きっと水温も下がっているであろうと感じる。つまり...

いよいよ夏枯れが終わったぁぁぁあああ!!!ぃやっふぅぅううう

本当にこれをどれ程待ちわびていたか...。この釣りバカの私が夏枯れの8月は一度も波の音を聞かなかった。では何をしていたかと言うと...まぁ結局淡水での釣りに勤しんでいたんですけど。

 

前置きはさておき、夏枯れが終わったとなると次のターゲットになるのは北海道ならではの魚、そうアキアジ(鮭)だ。

 

続きを読む

あごひげ流サクラマスとヒラメのコスパ最強タックルセッティング

たまにはこんな解説もやってみようかと。

特に需要があるとは思えないけど、これから始めるビギナーの方々にご参考になれば幸いです。初めに言ってしまうとロッド・リール合わせて3万円くらい。サクラマスやヒラメを狙うのに最低ラインなタックルとコスパ最強!と私が思っているセッティングです。

 

それぞれ記載すると同時に説明していきます。

 

続きを読む

2021年6月1日洞爺湖トラウトフィッシング

真冬に悪い釣り仲間に教えられすっかりと虜になっている湖でのルアーフィッシング。

 

海はまさに大自然。果てしなく続く水平線と荒々しい波。人間は自然には勝てないということを教えられる。(特に釣れない時)

 

湖は対照的な存在。静寂。何かを捕食したのか身に付く寄生虫を振り払ったのか、水面へ飛び出し波紋を拡げるその音もうっすら見える距離ですらも耳に入ってくる。

そして大海とは異なりこの見える範囲に広がる水面のどこかに、必ず存在している80㎝オーバーのモンスタートラウト。この湖面でスプーンをキャストする度に最早それは「釣りたい!」という憧れの対象ではなく「釣れたらどうしよう」と畏怖の対象にさえなっている。

 

続きを読む

2021年5月21日積丹半島積丹町余別町サクラマス

あれほどまでに恋する少女の様に頭がいっぱいとなり仕事が終わったと思えば3つの天気予報アプリを駆使して釣行予定を立てる事に命を燃やしていたこの私がおおよそ1か月も釣りに行けないでいた。もはや恋に恋焦がれている状況(GLAY大好き)

 

続きを読む

2021年4月23日積丹半島神恵内古宇川河口→積丹町余別町サクラマス

普段は暗闇の中に頭から伸びる光の筋を頼りに足を捻挫しながら岩場に座り込み一人寂しく日の出を待つ...。そんな古代人が太陽を神と崇める気持ちを理解できるぼっち釣行ばかりの私も、今回は仲間と釣行!

 

続きを読む